2017年4月5日水曜日

ヴィンテージバイクが欲しい!

こんばんは。バイクカフェ カイエンドーです。

さていきなりですがすいません。
おそらく、ヴィンテージバイクのキーワードで自動二輪をお探しの方が
流れ着いていたらすいません。
残念ながら自転車の方になります。

とはいえ単車が何もないとアレなので・・・
店長の師匠、ヤジマ氏製作のカフェレーサーです。
60年代の雰囲気を纏ったスペシャルな一台です!

では本題です。
鉄の自転車と旅の自転車がポリシーな当店ですが、イタリアで買付けた
ヴィンテージバイク、パーツも取り扱っております。
お客様からもよく、「ヴィンテージバイクが欲しい」というご意見を頂きます。
イタリアでは60~70年代のヴィンテージは普通に走っていますが、
国内ではなかなか入手しづらいものです。
ですがヴィンテージバイクを比較的容易に手に入れる方法があります。

それはですね・・・・

今乗っている自転車に20年乗り続けてください。できれば30年
自動的に良いヴィンテージが手に入ります。
コロンブスの卵ですがこれが一番簡単かつ確実な方法です。

ヴィンテージを「育てる」という気持ちで今の愛車を大切にするだけなので
かなり簡単な方法です。(時間はかかりますが・・・)
第一線を退いたレースマシンもどうか処分せずに物置の奥などで保管しておけば
不思議なことに価値が高まったりします。

とはいえそれではあまりに身もフタもないので当店在庫をちょっとご紹介します。

レニャーノ 60年代(推定)
5速時代のロードバイク、Wレバーはバンド式ですね。
レストアベースですが一応現状でも走れます。

イタリアでは普通に取引されています。
状態は色々ですね。

と言うわけでヴィンテージを育てるのは一つの方法ですので一度お試しください。
店長も近年のモデルをヴィンテージに育てています。

なおイタリア買付の際には告知いたしますので、欲しいものがありましたら
店長までお伝えください!可能な限り探します。

0 件のコメント:

コメントを投稿