2016年8月31日水曜日

そろそろ秋の気配が

こんばんは。バイクカフェ カイエンドーです。
さてここ数日で急に涼しくなって秋が近づいてきた感じがあります。

秋は自転車で走りやすい季節ですね。
秋晴れの日には自転車で通勤・通学というのも良いものです。
そこでお勧めな車種をいくつかご紹介したいと思います。

ラレー クラブスポーツ ¥75,000
こちらはクラシカルなたたずまいの700Cクロスバイクです。
スタンドとフェンダーが標準装備されているので、通勤通学には非常に便利です。


ロゴは1960年代頃のラレーの復刻ロゴなのがポイントです。
サドルは本革のBrooks B17が標準装備です。


Calamita ciao! ¥58,000
細身のホリゾンタルフレームの美しいクロスバイクです。
フロントをシングルにするなど上手にコストダウンされているので、この価格帯でも
フレームとフォークはフルCrMoで丁寧に溶接されています。
ホイールはMTBと同じHE26インチですので、タイヤ選択肢の幅が非常に広く、ロード並みに
細いタイヤから太めのブロックパターンまで選択肢の豊富さも魅力ですね。
カラーはマットカラーの4色展開です。


フェンダーとキャリアも前後に装着できるため、ツーリング車のベースにもぴったりです。


Elios Viaggio ¥99,000
さてこちらは国内では当店でしか手に入らないイタリア直輸入車です。
1920年代に誕生したロードスター型自転車から変わらない姿、職人のハンドメイドです。
ロッド式リムブレーキや砲弾型のライトが非常にクラシカルな姿を演出しています。
フレームの剛性も高く、700Cホイールのため平地での巡航速度は以外と出ます。
試乗したお客様からも「思ったより加速が良い」「予想以上に速い」「目線が高いので爽快」
といった感想をいただいております。

こちらは当店試乗車ですので、スタンドは片足センタースタンドから
両立センタースタンドに交換しています。

こちらのサイドバッグはBasil Mara ¥3,800
左右連結セットでこのお値段、左右で26リットルの容量があるお買い得モデルです。

取り付けはストラップ式です。

フタを閉めなくても走れるので、長物の運搬にも向きます。
大きめのA4ビジネスバッグもすっぽり入ります。

さて、「スポーツバイクと普通のシティ車だとどう違うのか?」というご質問をよく頂きます。
値段が倍以上違うクロスバイクとシティ車、本当に価格差のだけはあるのか?
という点ですが、結論から言うとあります。
まずスポーツ車は軽量に作られています。
フレームの剛性も格段に上ですので、ペダルを踏む力を効率的に利用でき、
加速性も非常に良くなっています。
変速機があるため軽いギアを使うことができるのも利点です。
さすがに電動アシスト車ほどとまではいきませんが、比較的楽に坂も上れます。

さらに、当店で主に扱っておりますCrMo(クロムモリブデン鋼)の自転車は、
シンプルで飽きの来ないデザインでかつ長持ちもします。
適切なメンテナンスと消耗した部品交換を行えば、20年から30年は普通に走れます。
長い目で見ると以外と安いのではないでしょうか?

この秋から自転車通勤を始められてはいかがでしょうか?

あそうだ、あと自転車はびっくりするほど痩せますよ・・・
女性にもお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿