2017年5月17日水曜日

河口から源流まで

こんばんは。バイクカフェ カイエンドーです。
梅雨前の今が気候的にも走りやすい時期ですね。

と言うわけで今日は重信川の河口から遡上してみました。

河口、塩屋海岸ですね

自転車道を通り球場を過ぎて

緑の小道を抜けます

重信川流域は湧水が多いですね。

重信川のサイクリングロードはとても走りやすいのでオススメです。
一箇所工事中でしたが、こういうときは隣の一般道を通れば大丈夫です。

ウマ!

国道11号の下をくぐると自転車道は終わりです。
ここからは一般道を通りましょう。

だいぶ遡上しました。

さてバスの終点、木地です。

一般には「酒樽」で通じる場所でしょうか?
ここで終点だと思われていますが、ここから左に行くと
木地奥林道を経由して東三方ヶ森へ至るトレイルになります。
直進すると旧丹原町へ抜けます。
ここまでで河口から35kmです。

のっけから洗い越し連発なので不安になりますが、これで終わりです。
タイヤを洗いましょう! 

洗い越しを越えたところで休憩にしました。
お茶でもいれましょう。

だいぶ源流っぽさが出てきました。

この辺は鹿が非常に多いようで、去年はかなりの鹿に遭遇しましたが
今年は全く見かけませんでした。

少し進むと波の跡の化石があります。
化石を過ぎると舗装路は終わりです。 

あまりガレていないのですが、
鋭い石でタイヤを痛めないよう気を遣います。
700X26Cなので...

気がつけば重信川もこんな小川になっていました。

FM局の電波塔が峠です。
峠の向こうは旧丹原町、ここから先は簡易舗装されています。

気がつけばけっこう登っていましたね。
ここまでの未舗装区間は4kmでした。

旧丹原町に降りると帰りがめんどくさいので引き返しましょう。
ここからは下るだけなので楽です。

とはいえ下りの方が気を遣います。
鋭い石がタイヤに刺さります。

 というわけで、河口から源流まで遡ってみました。
一級河川の重信川もわずか40kmで源流までたどり着けてしまうんですね。
なおオンロード区間35km、未舗装4kmと、ほどよいミックスでした。
特に未舗装区間は砂利の締まった路面なので走りやすかったです。

今回のようにオンロード、オフロード、荷物積載と欲張りな
走り方ができるのがCXベースツアラーの利点ですね!

なお山間部では田植えが終わっていた模様
カブトガニいないかなー?

0 件のコメント:

コメントを投稿