2020年7月5日日曜日

DAHON Boardwalk 試乗車

人気のDAHON、試乗車を用意しました。キャンプサイトでの荷物運搬や移動に快適な仕様、というコンセプトでちょっとだけカスタマイズしてみました。

以前の記事で前後キャリア仕様にしていた車両です。
リアキャリアは外していますが、以前試したようにキャリアをつけた状態でも折りたたむことができます。

フロントキャリアにはカゴの代わりに工具入れをつけています。見た目より軽量で使い勝手が良いのでおすすめです。当店では取付用のストラップは作製いたします(200円〜)が、工具入れ本体はホームセンターなどでお求めください。キャリアにつけたままで折りたためます。

見た目にも最大の変更点はタイヤ、とにかく太いのを入れています。車に積んでキャンプサイトに持っていって、荷物を運んだり買い出しに出たり探索に出たりするコンセプトなので舗装路外での快適な乗り味を求めてみました。
Tioga Power Block 20x1.95(当店税別価格¥2340) 低圧なのでバルブは使い勝手の良い米式です。

フロントホイールはそのままですが、リアホイールはQRに変更しています。太いタイヤを入れるためリムはやや太めの倉庫に転がっていた在庫のVelocity、ハブはRS400です。
フロントはOLD74mmというかなり変なハブで部品の入手がめんどくさいのでさわらないほうが良いでしょう。DAHON純正オプションの DAHON Compホイール(前¥11,000、後¥18,500)がQR仕様です。

リアホイールを組み直したのでドライブトレインも一新しました。キャンプサイトでも軽いギアが選択できるように、元の7速のロー側に一枚大きいギアが追加されたギア比になっています。コスト重視で8速にしています。
このM310というリアディレイラー、ロングケージですが全高が低いのでミニベロに向きます。


ほかは色を変えたりしただけで触ってはいません。リアホイールの組み直しも含めて+¥20000以内のカスタマイズです。

いつでも試乗できますし、折りたたみの実演もできます。お気軽にお越しください!

2020年6月14日日曜日

久しぶりに島へ

ついに噂のマスクが届きました。

2つあるのは、店長自宅とお店の両方に届いたからです。世帯に1つというか、建物1軒に1つやってくるみたいですね。
もったいないので開けずにとっておいて令和が終わるころに引っ張り出して往時を偲ぶ予定です。欲しい方には1つだけ差し上げます。


さてさて、それはそうと所用で島に行ってきました。
これは噂の新フェリーです。

そしてこちらは準備中の新スポット。雨が降ってきたので詳しく見てないんですが、ぜひ訪れてみてください。

がっつり雨!
梅雨明け頃には世の中平常運転にもどるといいですね。
世の中が平常運転に戻りましたら当店走行会と夜会も再開したいと思います。

2020年6月7日日曜日

ハンドルバー一考

最近あまり見かけないバーを入れてみました。

BBB マルチポジションバー ¥3800

国内ではあまり見かけませんが、海外でツーリング車やランドナーといえばこれですね。いわゆるランドナーの定番がドロップバーなのは日本くらいで、世界的には珍しい事例のようです。

最近ではいろいろなバーが(主に都会で)流行っているのでいい感じだなと思っています。(この近辺ではどうしてもドロップバーが偉いみたいな風潮が根強いですが...)
おすすめをいくつかピックアップしてご紹介します。

ブルホーンはミニベロやシングルスピードの定番ですね。

プロムナードバーはここ数年で定番化しました。これも形状の違いで種類が豊富なので、自分にあったものを選ぶのも楽しいです。

日東 B307AA、マスタッシュバーですがリバーシブルです。裏返すとノースロードバーっぽくライズがあるバーになります。マスタッシュは攻めたポジションもリラックスしたポジションも取れるのでおすすめの形状でもあります。種類によってバーテープを巻くタイプだったりグリップをはめるタイプだったりします。

こちらのちょっと変わり種はVeno メトロポイント
リバーシブルなのでマスタッシュバーっぽくもプロムナードっぽくも使えます。黒とシルバーの2色、クランプも25.4mmと31.8mmの2種類があるのでステムを選びません。

実際のところ、下ハンを全く持たないならドロップバーの意味はあまりありません。フラットバーと比較してデュアルコントロールレバーのコスパは悪いです。したがってピュアレーシングではない場合、ドロップにこだわらずいろいろ使いやすいバーを試すのも一興でしょう。
持ち方もそうですが、アクセサリー類の取り付けなど、用途にあったバーを探してみてください。

2020年5月31日日曜日

ボトルと水

だんだん暖かくなってきました。梅雨がすぎれば夏ですね。暑い時期は水分補給が必須です。というわけでボトル類とキャメルバッグを増やしました。




日常使えるアウトドア用の水筒類も増えています。
右のナルゲンオアシスは昔ながらのカンティーンスタイル、材質は現代の樹脂、トライタンを使用しています。


MTB界隈では標準装備となって久しいハイドレーションバッグ、ちょっとした荷物が入るモデルが便利ですね。最近ではリザーバーをバッグから出さなくても水を追加で補給できるようになりました。


リザーバー単体もありますので、ハイドレーション対応のバックパックをお持ちの方はこちらだけ購入する手もあります。

ところで、店長くらいまでの年齢が運動中に水を飲むなと言われてきた最後の世代だと思うんですが、自転車は昔から水分補給には前向きな競技なのではないかと思います。あの名作、シャカリキも80年代が舞台ですが、水分補給の重要性が描かれたシーンが最初の方から出てきます。
ハイドレーションバッグは今のところ一番水が飲みやすい方法なので、夏場には絶対おすすめです。

今年の夏は暑くなるようですので、しっかり水分補給していきましょう!

2020年5月27日水曜日

ストレンジャーシングス シーズン4はまだか

Netflixで大人気のストレンジャーシングスのスペシャルが台数限定で登場しました。

Schwinn ストレンジャーシングススペシャルエディション
¥55,000

ルーカス少年の愛車を再現したモデルです。
劇中の年代設定に合わせた80年代テイストあふれるBMXです。大人も乗れます。というか大人用サイズです。

印象的なバンダナも付属します。うれしいポイントです!バナナシートには"Lucas"のプレートが!

この辺はオリジナルにはないチェーンガード、さりげないロゴ入り。
クランク周りは3ピースアメリカンBB、よくある昔のBMXです。国内モデルなので前後ブレーキがついています。

ハンドルバーのブリッジにはクラッシュパットがついています。そしてこれはデモゴルゴンに全く効かなかったアレ!効くわけないだろ!って誰もが突っ込んだあれがこんなところに!
ライトも付属、作中では電球色でしたが白色LEDです。なお作中でも電球色なだけで、点灯時のアップがありますが、光り方から電球ではないと思います。

主役ボーイズの中でもラッキーボーイな(主にダスティンの自爆ですが)ルーカス、彼だけが再現モデルを発売してもらえたというさらなるラッキーです。個人的にはウィルのモデルを発売してほしかったですね。森の近くに倒して失踪時を再現したりとか。
というか4人分4台全部作ってついでにマックスのスケボーも発売してほしい。

いずれにせよこういう劇中を再現したアイテムはうれしいですね。ファンなら要チェックです。シーズン4は確定したっぽいですし乗りながら待ちましょう!

2020年5月17日日曜日

ライトの明るさ

ライトといえば当店では以前から、裏面反射型と呼ばれるタイプをプッシュしてきました。
これらのライトについては、こちらの過去の記事で詳しく解説しています。
最近のライト

なおライトの明るさですが、ルーメン値が一つの目安となりはするのですが、このルーメン値がなかなかの曲者で、人間の比視感度(波長、つまり色に対して人間の目は違った明るさを感じる)に対して重みづけがされた値なので、電球色など暖色系だと同じ出力でも数値が小さくなります。しかもライトのメーカーによってルーメンではなくカンデラで明るさを表記していたりと、なかなか比較が難しいところになっています。とりあえずの参考程度にしておいたのでいいと思います。

この光っているのがオウルアイの裏面反射型です。
オウルアイはこのタイプに積極的で、充電式のラインナップが多いのが特徴です。

国内では某大手の猫目社があまりこのタイプのライトに積極的ではないので、国内ではあまり普及していません。
(車に乗っていたりしてまぶしくてイラっとするときはだいたい猫目社のライトです。もっと下向けて...下向けると遠くが暗くて見えないのはわかりますが、裏面反射型だと解決するんです)

と思っていたら新機種で登場しました。CATEYE Keen ¥2900
右の紺色のパッケージはBBBの裏面反射型の機種です。これらは乾電池式です。

裏面反射型は無駄なく照らせるのでカタログスペックより明るく感じられる機種が多いですね。
軽くて便利な充電式以外にも、安価な乾電池式も数機種出てきましたので一度お試しいただきたいところです。

B&Mのハブダイナモライトもほとんどが裏面反射型、しかも独自の配光制御で抜群に明るいですね。1万円超えてるのは伊達ではないです。

試乗車にも搭載していますので、暗くなってからお越しいただけると明るさを体感していただけます。ぜひお試しください!

2020年5月11日月曜日

ギア比の検討

さて最近は技術的なお話を一切していないので、チェーンリングのギア比を検討したのでそれのご紹介です。

 こちら、店長のFederal用に用意したクランクです。
165mm、チェーンライン50mmのトリプル、色はシルバーという条件を満たすものが手に入らないかとおもっていましたがぎりぎり手に入りました。インナーのボルトが赤いのは手持ちのアルミボルトがこれしかなかったからです。

やや時代遅れ感があるフロントトリプルですが、長距離用のランドナーにおいては今でも有効な装備です。特に耐久性重視で8速を選択した場合、ダブルやましてシングルではギアの数が不足します。
このギア比ですが、46-40-26Tです。FDのキャパシティを無視した無茶苦茶な組み合わせですが、ミドルの40Tが肝になっています。

通常は48-36-26Tか48-38-28Tあたりになりますが、48-38-28Tをリア11-28Tのクロースレシオで運用してみたところ、市街地でも意外にもミドル38Tでは軽すぎることが分かりました。逆にアウター48Tに上げると停止が多い場面ではつらくなります。


そこで絶妙な46-40-26Tです。本来は36Tが収まる位置に40Tを無理やり入れています。この40Tですが、本来はMTB用ダブル40-28T用、しかも10速用です。したがって本来アウターになるものを加工してミドル位置に収まるようにしています。シフターがフリクションで、しかも試験的運用なので耐久性と変速性能は無視しています。

これで停止から32km/hくらいの巡航まではミドル一枚でなんとなく対応できるはずという想定です。

アウターは44Tが欲しかったのですが、懐かしのRaceface 9速用リングは46Tしか手に入らなかったのでこれにしています。アウターはそんなに使わないのでこれでよいのです。

FC-T4010 右クランクアーム(税別定価)¥4025、左¥2560

ちなみにこのクランク、補修部品扱いでアームのみ、左右別になりますがまだ購入可能です。銀色でMTBトリプルで165mmのショートクランクがどうしても欲しい方には朗報です。(170mm以上は選択肢が多く、ロードトリプルもまだ選択肢があります)