2021年1月17日日曜日

【新製品】荷物固定用ストラップ

 ナイトアイズの便利な新製品がありましたのでご紹介です。

ナイトアイズ カムジャム アルミニウムXT (税別¥2300)、カムジャム (2個セット税別¥1250)

ワンアクションでロープの固定とテンションをかけられて、解除もすぐできる便利なアイテムです。ナイトアイズといえばエスビナが有名ですが、こちらも片側がフックになっているのでタープ設営が非常に早くなりますし、荷物の固定にも便利です。

どちらも2mmから5mmのロープに適合します。

金属製のカムジャムXTは最大45.3kg(100ポンド)のロープ荷重、カラビナ部は127kgの荷重で使用できます。樹脂製のカムジャムには記述は特にないので、無理のない範囲で使ってください。

このように引っ張っても外れません。手前のロープの端を引くことでさらにテンションをかけられますので、無段階で荷物を縛るストラップとしても便利です。

ロープを左上に引くとすぐ外れます。今の時期のように手がかじかんでロープワークのしづらい時期には重宝するアイテムです。

ついでにこちら、パーフェクトバンジーを名乗る便利な荷物ストラップです。シリコン樹脂製で絶妙な伸縮性と耐候性がありますのでゴムのように劣化して切れにくいのが特徴です。
こちらも荷物の固定に活躍しますね。税別¥1160です。


2021年1月10日日曜日

【新車レビュー】FUJI Balladシリーズの違い

 Fuji定番のスチールフレーム、Ballad、Ballad R、BalladΩの違いを見ていきたいと思います。

この3車種、RとΩがロードバイクで無印Balladはクロスバイクに分類されますが、実はフレームは3車種共通でコンポーネントの差異で違う車種になっています。

まず基本のBallad R、税別¥84,000

ドライブトレインは2x8速、 Wレバーにスレッドステム、全体はシルバーのパーツでまとめられた非常にオーセンティックなロードバイクです。

Wレバーはシマノ SL-R400、インデックス式なので扱いやすくなっています。


次にBallad Ω、税別¥108,000
ドライブトレインは2x9、 SORA R3000です。1インチアヘッドステムにブラックのパーツでまとめられ、ストリートロードのオリジナルにふさわしい精悍なスタイリングが特徴です。

こちらはSORAのデュアルコントロールレバーなので初めてでも扱いやすくなっています。
クランクはRと色違いのスギノXDです。

フレームは共通なのでWレバー台座ももちろんあります。
この価格帯でも前後ホイールは無銘ながらブレードスポークを採用しています。

Rとの最大の違いはステムです。1インチですがアヘッドステムを採用しています。
珍しいと思われがちな1インチアヘッドですが、Dixnaやワンバイエスを中心にラインナップは比較的存在しています。

さて最後にBallad、 税別¥69,000
こちらは1x8のドライブトレインでRと同じくスレッドステムにシルバーのパーツ、ドロップバー以外はRと基本的に変わりはありません。軽量で扱いやすいクロスバイクに仕上がっています。


というわけで3車種、特に同じストリートロードのジャンルでフレームまで共通なRとΩですが、まとめると以下の違いがあります。

R: 2x8速、Wレバー、スレッドステム

Ω: 3x8速、デュアルコントロールレバー、アヘッドステム

あと見た目はシルバー系パーツでオーセンティックなRと、ブラック系でストリート系のΩですね。
Rが8速、Ωの方は9速で価格にも差がありますが(Wレバーの方が安いのです)、インデックスのWレバーが事実上8速しかないためRは8速が採用され安価に収まったと考えられますので、グレードの差というよりはスタイルの差と捉えた方が良いと思います。

それと、
この価格帯でもスプロケが銀色です!普通は安い黒いスプロケが付いてきますが、Balladは3種類とも銀色です。
これは微妙に嬉しい心遣いですね!

なおリアキャリア用台座、チェーンステー左側にスタンド用ダボ穴、フォークエンドのフェンダー用ダボ穴と拡張性も高くなっていますので、スタイルに合わせていろいろできる仕様になっています。

3台とも店頭に在庫はございますので、一度ぜひご覧ください!

2021年1月3日日曜日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年も当店をご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


さて早速ですが、あけまして開けてみました。当店の謎の地下室です。
入り口入ってすぐにフタがあります。四畳半の下が地下室になっています。もともとは平成初期まで氷屋を営んでいたそうなので、その際に氷の保管に使っていたそうです。

当店は昭和一桁の建築ですが、日本家屋には珍しい地下室が建築当時からあったのか、氷屋をするときに作り足したのか、そのあたりは謎が多いですが真相は闇です。
氷屋の前、建築当時は縄屋だったそうです。戦前の出来事なのでもはや詳しい方も減ってしまいました。

前置きはともかく開けてみました。
埃だらけ!大掃除したのに!

2代目の趣味だったランの栽培用とみられる植木鉢の山とがらくただらけですね。奥の方に一升瓶を入れていた木箱が見えます。


奥になにかある?井戸か何かか?直径50cmくらいの土管みたいなのがありますね。中途半端な木のフタが怪しさ満点です。なんだあれは。

そして地面はコンクリートですが、音の響きが空洞です。下に何か空間があります。あの井戸っぽいものからつながっているのは確実でしょう。

バキッ


あっこれダメなやつ...地面割れた...
下の空洞がどのくらい深いのか謎ですが、井戸だとあまり楽しいことにはならなさそうです。
...これ以上の探索はまた来年やりましょう!

というわけで新年早々、地下室を開けたらさらなる地下ダンジョンが発見されはしましたが、いまいち不発に終わりました。

さてさて今年の営業は明日からです。
今年も一年間よろしくお願いいたします!地下室は封印しました!