2020年5月31日日曜日

ボトルと水

だんだん暖かくなってきました。梅雨がすぎれば夏ですね。暑い時期は水分補給が必須です。というわけでボトル類とキャメルバッグを増やしました。




日常使えるアウトドア用の水筒類も増えています。
右のナルゲンオアシスは昔ながらのカンティーンスタイル、材質は現代の樹脂、トライタンを使用しています。


MTB界隈では標準装備となって久しいハイドレーションバッグ、ちょっとした荷物が入るモデルが便利ですね。最近ではリザーバーをバッグから出さなくても水を追加で補給できるようになりました。


リザーバー単体もありますので、ハイドレーション対応のバックパックをお持ちの方はこちらだけ購入する手もあります。

ところで、店長くらいまでの年齢が運動中に水を飲むなと言われてきた最後の世代だと思うんですが、自転車は昔から水分補給には前向きな競技なのではないかと思います。あの名作、シャカリキも80年代が舞台ですが、水分補給の重要性が描かれたシーンが最初の方から出てきます。
ハイドレーションバッグは今のところ一番水が飲みやすい方法なので、夏場には絶対おすすめです。

今年の夏は暑くなるようですので、しっかり水分補給していきましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿