2020年10月25日日曜日

キャンプツーリング 積載例 サイドバッグ編

 さて昨日から今朝にかけてひさしぶりの夜会でした。


泊まりは店長のみでしたが、寒い中お疲れ様でした!

さて今回は久しぶりなので積載の楽なサイドバッグ2個で行ってきました。




フロントバッグ、サイドバッグ(22L)2個、リアキャリアにその他小物という構成です。これを例に積載方法と持ち物を晒してみたいと思います。

まず左右のバッグに大半のものが入っています。左のサイドバッグから見ていきます。

左サイドバッグは居住関係です。

シュラフ(モンベル アルパインバロウバッグ#7)、テント本体、テントフライシート、テントグラウンドシート、非常用シュラフカバー、

テントポール、イスカ ノンスリップピロー(枕)、SOTO ポップアップテーブル

です。テントはA社のものなので当店取り扱いがございませんが他はモンベル含めすべて当店で取扱がございます。A社のエアライズ1型ですのでモンベル ステラリッジ1が同等品です。

テントポールはこのようにサイドバッグのロールアップに巻き込んで固定してみました。意外と問題なく固定されました。走行中の落下には注意です。

次に右サイドバッグです。調理器具類と焚き火道具、加えてマットをテントポールと同じように固定しています。

中身はこれだけです。左から、
調理器具バッグ、焚き火用具バッグ、やかん、フライパンです。写真にはありませんが食料品がこれに加わりますので、重量的には左右で概ね均等になっています。

調理器具バッグの中はこんな感じです。上左から、

クッカー大(EVERNEW 760FD)、クッカー小(400FD)、チタンマグカップ、
アルコール燃料用パック、アルコール計量用ボトル、トランギアアルコールストーブ、 EVERNEWクッカー用フタ、ロングスプーン、そとばし、
SOTO ミニ焚き火台テトラ、フライパン用リフター(EVERNEW)

これにアルミ箔のレンジフードを切って作ったアルコールストーブ用風防(今回廃棄したので写真がありません)と下の写真、調味料が加わります。

撮影し忘れた調味料基本セット、油、塩、胡椒、とりあえずこれがあればなんとかなる最低限のセットです。とりあえずと言いながら肉を焼くときに一番活躍します。

次に焚き火用具バッグの中身です。
火ばさみ、空き缶ウッドストーブ3号、3号の土台(アミ)、燃料用割り箸と木材の端材を入れた紙袋
空き缶ウッドストーブはパイナップル缶と桃缶、サバ缶で作っています。燃料は約1kgくらい持っていっていました。

以上がメインになる左右のサイドバッグの中身です。次にリアキャリアにつけた荷物です。

左のバッグに衣類、ヘリノックスタクティカルチェア、EVERNEW ウォーターキャリー1.5L、救急箱です。

寒い予感がしたので服を持っていきましたが、持っていかなかったら凍死していました。フリースひざ掛け、タオルと歯ブラシ、焚き火用手袋、ハーフパンツの代わりに履くパッカブルパンツ、ライトシェルジャケットです。周りを見渡すとダウンの人々ばかりでかなり浮く服装でしたね。

最後にフロントバッグです。


フロントバッグには小物をまとめたサコッシュ、ソーラーランタンとテント内で使うものをまとめたPost General ハンギングミニオーガナイザーを入れました。

サコッシュの中身は以前触れた記憶がありますが、ほぼ変わっていません。

テントライト、キャンドルランタン、トーチ、缶入りマッチ、ヘッドライト、お肉を切る用のオピネル、雑用のビクトリノックス、補修用ダクトテープです。

ハンギングオーガナイザーには、本体にティッシュ入れがついているので、これにティッシュ箱から取り出したティッシュをひとつかみ、それとジップロックとレジ袋、ウェットティッシュ、モバイルバッテリー、充電ケーブル、イヤホンを入れています。あと財布だとかさばるのでお金と小銭もポケットに入れています。文明的セットです。

こんな感じでテントの中で吊るせるので、小物がすぐ取り出せるので非常に便利です。これは当たりだと思っていっぱい仕入れておきました。税別¥2400です。

ちなみにフリースブランケットは紅茶の保温用に使いました。外で沸かした紅茶のやかんをくるんでおくとテント内で温かい紅茶が飲めます。保温できるボトルでもいいんですけど...

以上が今回の荷物一覧でした。正直なところ、サイドバッグ2個で十分収まる量でしたが、重量バランスを考えて重いものを前後に分散しました。流行りのバイクパッキングも便利ですが、伝統的なサイドバッグはとにかく積載量が段違いなので荷物の積み込みが楽になります。

さてシュラフがモンベルの#7だとかなり寒かったのですが、来月以降は冬用のダウンシュラフですね。皆様ぜひ暖かい格好でお越しください!


0 件のコメント:

コメントを投稿