2020年1月8日水曜日

【新モデル紹介】アラヤ マディフォックスCXミニ

今年一番はアラヤの新車紹介です。

マディフォックス CX ミニ 税別¥108,000

ミニベロ x グラベルというありそうでなかった組み合わせです。
20インチMTB(?)という謎ジャンルに引き続き、マディフォックスミニ第二弾です。
アラヤは昔から時々変なことをしでかすんですが、(ツーリングトライアルとか、アヘッドみたいなスレッドヘッドとか)今回は当たりですね。というかなんでいままで無かったんでしょうか。

それでは構成を見ていきましょう。

ドライブトレインは2x8で標準的にまとめられています。クランク周りはスギノですので見た目は良い。
700Cと比較してタイヤ周長の小さいミニベロは、ギアを細かく設定しても体感で変化が得られにくいという特徴があります。そのため8か9速で実用としては十分でしょう。価格帯的には10速でもいいと思いますが、見栄えよりも実用を取ったと言えるでしょう。

ブレーキはメカニカルでもパットが両方動くTRP Spyreです。ドライブトレインの分こちらはコストがかかっています。

ハンドル周りもグラベルらしくフレアバーです。

ここは外せないポイント、センタースタンド用台座がついています。普段使いにも便利ですね。FD用のサブフレームはアラヤミニベロの伝統です。

タイヤはTioga Power Block 451サイズです。451だと太いタイヤがあまり無いのですが、タイオガのこのシリーズは若干太め、1-3/8なので32~37Cくらいの太さです。舗装路、グラベル、林道と万能に使えますし、荷物が大目でも安心感があります。

ホイールを406サイズに入れ替えるとBMX用のさらに太いタイヤが使えます。45Cくらいまでは入りそうですので、オフロード重視の場合には選択肢としてありだと思います。ディスクブレーキなのでこういうときは便利です。

当然、前後にキャリアとフェンダー用のダボがありますので、ランドナー的な使い方もできます。ミニベロはホイールサイズが小さいので輪行が楽という利点があります。フェンダーとキャリアを付けても輪行袋に入れやすいので、旅のお供にももってこいでしょう。

旅のミニベロにしてもよし、グラベルに使ってもよし、使えるミニベロが出てきたという印象です!

0 件のコメント:

コメントを投稿